読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 第5局「強豪」 感想

いよいよ千里山も卓に加わり麻雀パートもどんどんオカルトチックになっていきます。

咲-saki-ならではの麻雀演出も見られて、今回はなかなか見応えがありました。

 

f:id:chas_moto:20120514050358p:plain

冒頭は大阪千里山。奈良に東京に大阪と取材も大変そうですね。新道寺女子の福岡のシーンもあるんでしょうか……。

ちなみにこの後怜と竜華が出てくる噴水もちゃんと実在するそうです。

 

f:id:chas_moto:20120514050406p:plain

病弱アピールの伏線(3話)を回収。会話の内容は昨年の全国大会と宮永照の怪物っぷり。当時の怜はレギュラーどころか幽霊部員だったんですね。

 

f:id:chas_moto:20120514050422p:plain

風を吹かせるってことは何かの変化の暗示。このストーリーだけだとまだよく分からないので回想の続きが竜華の出番か準決勝のときに語られそうですね。

 

f:id:chas_moto:20120514050432p:plain

提供の声の人変わりましたね(テレビ東京

 

f:id:chas_moto:20120514050439p:plain

1話から抜群の存在感だったギバード桜子。他の小学生キャラと共に準レギュラーの地位を獲得したようです。

 

f:id:chas_moto:20120514050446p:plain

トーナメント表、既に5Aは終了して白糸台と新道寺女子の準決勝進出が決定していることが伺えます。この5A戦は和たちがホテルで観戦していました(8巻)。ということは和がこの阿知賀女子の戦いも見ている可能性が高そう。

それと右側の3A・3Bブロックに色がついていませんが、ここは宮守女子・清澄の勝ちが既に決定しているはずです。塗り忘れかなんかでしょうか。

 

f:id:chas_moto:20120514050456p:plain

何校か読みを調べるときに検索して気づいたのですが、高校名は実在の地名や駅名などから取られているようです。越谷はまだ有名ですが、讃甘や大甕は現地の人じゃないと多分読みすら分からないんじゃないかと……。

それとこの新井ソフィア選手は名前と容姿からすると留学生かハーフでしょうか。咲-saki-本編では宮守女子や臨海女子で留学生選手が活躍しています。

また、今回から名前表記の枠が凝ってますね。三尋木プロを意識してるのか雅な感じ。

 

f:id:chas_moto:20120514050526p:plain

バイオレンス感……。ただ2校勝ち抜けだとシード校が少し楽すぎる感じはありますよね。

 

f:id:chas_moto:20120514050538p:plain f:id:chas_moto:20120514050546p:plain

六萬残しての八萬切りの三面張(三萬・六萬・二筒)ではなく七萬のカンチャン待ち。それに玄が赤五筒切りの聴牌ではなく七萬切りで振り込むという「おかしな手順」(もっとも玄が聴牌をとっても、役なしなので出和了はできず和了牌の六萬自体も残り1枚しかないんですが)。

 

f:id:chas_moto:20120514050601p:plain f:id:chas_moto:20120423041040p:plain

和がいた頃の回想。玄(と宥)のお母さんは既に他界してたんですね。ってことは旅館の女将さんは誰なんだろう。

玄のかぶっている帽子は、リボンの色が違うものの2話で灼を尋ねたときと同じものですかね。

 

f:id:chas_moto:20120514050610p:plain f:id:chas_moto:20120514050614p:plain

八索切れば一ニ四六七索の五面張なのに三索切って八索単騎待ちに。玄は赤五索切ればダマでも平和ドラ5の手を八索切って役なしのドラ6に。

ところでソフィアって名前のくせに「訝しい」なんてしゃれた日本語使うんですね。

 

f:id:chas_moto:20120514050643p:plain

何も考えていないようでちゃんと考えている三尋木プロ。怜の数少ない実戦譜から一巡先を見渡す能力をしっかり見抜いています。

 

f:id:chas_moto:20120514050655p:plain

怪しげなBGMに煽り立てる三尋木プロの解説、そして誰も突っ込まないけど一番非現実的な垂直リーチ棒。怜の化物っぷりを表現する見事な演出ですね。

池田の数え役満や咲の嶺上開花などなど、BGMにセリフにエフェクトにとあらゆる要素を駆使して盛り上げるこの演出が咲-saki-の最大の見所だと思っています。

 

f:id:chas_moto:20120514050733p:plain

「とんでもない人がいる!」by阿知賀のドラゴンロード

 

f:id:chas_moto:20120514050720p:plain

一順先が見えるということは捨て牌を見れば初期手牌以外は相手の手牌が全部分かるということですね。ただ記憶するのに凄いエネルギーを消費しそう……。

ここの不安感を醸し出すBGMとリーチ棒を中心に3人を見回すカメラワーク、さらに最後のリーチ棒が倒れる演出とこれまた怜の恐ろしさと体力の消費をうまく表現してます。

 

f:id:chas_moto:20120514050756p:plain

ここまであまり出番の無かった宥姉の貴重なお姉ちゃんシーン。

今まで玄に手を引っ張られてきた宥姉の姿を考えると感慨深いですね。

 

f:id:chas_moto:20120514050834p:plain

「体の調子はどうや?」「運良く苦もなく勝てたんで」のやり取りは準決勝で照と当たったときのフラグな気がしてなりません。

 

f:id:chas_moto:20120514050812p:plain

夏にマフラー!って三尋木プロは一回戦も見てたでしょうに……。

 

f:id:chas_moto:20120514050820p:plain

いつもぷるぷる震えてる宥ですが玄との約束以降はそれがない。宥姉の本気ですね。

 

f:id:chas_moto:20120514050856p:plain

二回目の二話以来のSquarePanicSerenadeEDですが、サビのシーンで怜と竜華が追加されています。

最後にまた誰も乗っていない牌があるのですがここも付け加えられるのですかね。すばら!先輩か照かな。

 

f:id:chas_moto:20120514050909p:plain

次回予告は副露と風呂のダジャレ。そういえば宥はドラマCDでボイラー室の管理やってましたね。